西洋料理 明治の館(日光東照宮近く)リピート必至の洋食レストラン

先日の日光旅行では、必ず訪れようと思っていたレストランがありました。

西洋料理 明治の館

明治時代に建てられた洋館を利用したレストランです。

東照宮を訪れた際のランチの悲劇と奇跡

2011年の秋に両親、弟家族と一緒に日光を訪れました。

東照宮をまわっているとお昼時になって、ベビーカーを押していたこともあって、近くの適当なお蕎麦屋さんに入ったんです。

そしたら、、、激まずかった(涙)。

それがトラウマとなり、その数年後に夫と東照宮に行くときには絶対おいしいランチがたべたい!と事前に調べて行ったんです。

それが、明治の館でした。

そのときに食べたタンシチューとロールキャベツ。

あまりのおいしさに感動して、ずーっと「あの店よかったよねー」と言い続けていたのでした。

なので、今回日光を旅するにあたって、東照宮には行かなくても明治の館には行きたい!っとなり、再訪しました。

ディナーで再訪

今回はディナーの時間に席を予約して訪れました。

まずはワインで乾杯。

ここはワインがお安いのもポイント高いんですよね。

このシャンドンのロゼがボトルで3000円。ほとんど市価と変わりません(驚)。

最初は、日光まいたけのグリル。

日光まいたけは明治の館グループで独自に栽培しているマイタケです。

肉厚で、しゃきしゃき食感で、噛めば噛むほど味が出ます。

頼んでよかった~。

お次はグリーンサラダ。

いろんな野菜が混ざっています。中でもクレソンがすごくおいしかったです。

素材がいいのでドレッシング別添えがお勧めです。

 

そして、ついに、

メインのブイヤベース。

こちらのお店では、オムレツライス、ハンバーグ、ビーフシチューの壺焼き、カニクリームコロッケなんかが人気に違いない。

しかし!

敢えてのブイヤベース。

ブイヤベースってなかなか「本物」が食べられないんですよね。

なので、もう行く前から決めていました(笑)。

お味は・・・

幸せ~~!!

金目鯛、鱈、鮭、アサリ、ムール貝に野菜もたっぷり。

そしてスープが絶品!!

そのまま飲むもよし。パンに浸して食べるもよし。

本当に、これにしてよかったです。

デザートを頼まないヒトです

このお店の代名詞のようなものが、チーズケーキの「ニルバーナ」。

店内のお客さんのほとんどがデザートに召し上がっていました。

しかし、私甘いものはそれほど得意では・・・汗

というわけで、レポはありません。あしからず。

また来ます

夜も更け、お腹もいっぱいで、ごちそさま。

また日光に来ることがあったら必ず来ます。そう誓いました。

 

#75

投稿者プロフィール

芽瑠(める)
芽瑠(める)
都内在住アラフォー企業研究者。職場の人間関係に悩んだ経験から、「自分らしさ」「自己肯定感」を模索する日々。特技は料理。長年の不定愁訴を解消すべく分子栄養学と結び付けて健康で美味しい食生活を目指している。好きなモノは美味しいものとオットくん。趣味は旅行と山歩きと飲み歩き。♦ Facebookページ ♦ Twitter